TOP > 自毛植毛を行って神経に影響が出ることはないのか

自毛植毛を行って神経に影響が出ることはないのか

自毛植毛は外科手術であり、自分の髪の毛に人工毛を結び付けて髪のボリュームを増やしていく増毛とは違い、直接頭皮に植え付けていくため、神経に影響があるのではないかと気になる人もいることでしょう。

自毛植毛行う場合、施術によってはメスを使用したり専用のパンチグラフトで毛根をくりぬいていくので神経を傷つける恐れがあるのではと心配される人の意見ももっともだと思われます。


自毛植毛の施術を受けた後、頭皮にしびれが残ってしばらくたっても改善しないで悩んでいる人もいますが、これはドナー採取は施術によって神経が傷ついてしまった可能性が高いといえます。

では、自毛植毛は神経を傷つける恐れのあるリスクの高い施術なのかというと、そういうことではありません。

AGA治療のことならこちらのサイトをご覧ください。

頭皮がしびれが出るのはあくまで一時的なものであり、発毛が始まれば収まることもあります。
また、体質によって腫れやすい、しびれやすいという人もいますのでカウンセリングの際にそれらのことについても医師としっかり話しておく必要があります。



その他に、施術を行う医師の腕によっては、頭皮の神経が切断されてしまうことがあるのも否めません。
そのため、施術を受けたことを後悔しないためにも、移植を行うクリニックを選ぶ際にはただたんに費用の安さだけを重視せず経験豊富でたくさんの治療実績を持ち、高度な技術を持っている医師がいるクリニックを選ぶようにしましょう。



加えて、施術のことだけに限らずアフターケアをしっかりと行ってくれるということも大切ですのでクリニックを選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。